司法書士2.0

時事に関するニュースなどを司法書士業務に関連付けて考察したり、普段の業務を振り返りながら、一歩先の司法書士を目指していくブログです。

合同会社の設立が増えています

www.nikkei.com

 

合同会社の設立が増えていて、2017年に新設された企業のうち、合同会社が23%を占めているとのこと。


およそ4社に1社は合同会社という時代になってきましたね。

 

合同会社は株式会社に比べて、イニシャルコスト(設立時の費用)が安くて済み、決算公告義務や役員の任期などもないためランニングコストも安く済みます。

 参照:株式会社VS合同会社

 

 

現状でも、スタートアップ企業での活用や、合弁会社での活用、資産保有会社での活用など幅広く利用されていますが、ますます知名度も上がり今後より幅広く利用されていくことでしょう。