司法書士2.0

時事に関するニュースなどを司法書士業務に関連付けて考察したり、普段の業務を振り返りながら、一歩先の司法書士を目指していくブログです。

飲み会が苦手な司法書士はどうなるか?1 ~司法書士の飲み会事情~

今日は金曜日ですね。

「仕事終わりに飲み会に参加」

なんて方も多いんじゃないでしょうか。




司法書士もそういった「飲み会」に参加する機会は多くあります。


交流会、勉強会、情報交換、暑気払い、納涼会、忘年会、新年会 など

といったような「飲み会」は一年を通してたくさんあります。




ただ、司法書士にとって、このような飲み会はただの



「お酒を飲む場」



ではなく、





「自分を売り込む営業の場」




だったりします。




飲み会の場で、相手(見込顧客)を喜ばせる話術や気の利いた冗談、ノリの良さなどを発揮して、もし気に入ってもらえたら、新規顧客の開拓の絶好の機会なります。



また、新規顧客ではなくても、既存の顧客の忘年会や新年会などで「顔をつなぐ」ために、欠かさず参加しているという司法書士が多いのではないかと思います。



ですから、こういった飲み会の場での立ち回りは、司法書士にとってとても重要なスキルなのです。





でも、もしこのような「飲み会」が苦手な司法書士だったら、、、





一体どうなってしまうのでしょうか・・・





続きはまた次回